個別指導と映像の融合!「ハイブリッド授業」とは?
短期間で成績を伸ばす!モバスク「8つの効率化」

中学校時代と比べて、高校では同じ3年間で、より難しいことをより多く習得しなければいけないので、
あなたが、勉強について行けなくなるのは当然のことなのです。
その一方で、高校の学習について行けるように学習時間を中学時代の2倍、3倍に増やすことは、現実的には、
なかなか難しいと言えます。特にあなたがクラブや生徒会を頑張ってされている場合は、ほぼ不可能です。

そこで、高校の学習は、学習効果を最大限にまで高める必要があるのです。
しかし、予備校のように江戸時代から変わらない黒板を使い、週1回の授業をするだけで効果的と言えるでしょうか?
いくら優秀な予備校講師でも、予備校という決められた枠の中であなたの成績を伸ばすのには限界があるのです。

この高校生を取り巻く問題点を解決するため、8つの効率化より新たなる学習スタイル「モバスク」が生まれました。

ベリタスの講師陣はいずれも大手予備校で長年の経験を積んだ「教えるプロ」です。優れた講師に習えば、授業の後、問題集などで演習したときにそもそも間違いの数が減るので効率がいいのです。また間違ったとしても、ベリタスの授業を受けていれば、解説を読めばわかるレベルにまで達しているので、問題集の解説を読んでもわからない、ということがなくなります。

またベリタスの講師は単に教えるのがうまいだけではありません。電子ホワイトボードの授業に最適化したテキストを自ら作成し、受講生の板書を取る負担を大きく軽減しています。

このように「わかりやすく説明する力」 +「わかりやすい教材を作る力」がベリタスの最大の強みなのです。

ベリタスでは、電子ホワイトボードをフルに活用することにより、講師と生徒の無駄な板書時間を排除することに成功しました。

黒板授業であれば、板書をノートに写すのが大変で、講師の話を聞き逃してしまうこともありますが、ベリタスではそういうことはありません。黒板授業であれば写し取らなければいけないこともあらかじめテキストに書いてありますので、板書は最低限で済みます。従って講師の話に集中しやすく、楽なのにたくさん進めるのです。

たとえば、予備校の場合、英文法の授業では90分で進めるテキストページ数は6~9ページなのですが、ベリタスでは30ページ以上進むこともあるのです。

さらに、黒板授業であれば、板書に時間がかかる複雑な図やグラフなども、前もってテキストに記されているため、ノートをとる必要もなく、楽に多くの学習をこなすことができます。

このようにベリタスでは、電子ホワイトボードの活用により、1コマあたりの授業効率を約3倍にまで高めることに成功しました。

ベリタスでは,予備校のように90分の授業を流すだけではなく、ポイント毎に5分から20分程度の動画に細分化しています。これにより、わかるところは動画を見ないで飛ばし、わからない箇所だけ選んで視聴できるので効率がアップします。

また演習では、正解した問題の動画解説は見ないで飛ばし、間違った問題の動画だけ見ることができるので、さらに効果的に学習することが可能なのです。

ベリタスでは,倍速対応のプレーヤーを用意し、濃縮授業を1/2の時間で受講できる体制を整えました。電子ホワイトボードの3倍濃縮授業を1/2の時間で受講できれば、それだけで6倍の効率の良さを実現できるので、ますますライバルの受験生はベリタス受講生に追いつくことができなくなってきます。

また、2倍速が早すぎる場合は、1.5倍速も選ぶことができますので、適宜スピードを調整してご利用ください。

予備校の欠点は基本的に週に1回のペースでしか授業が進まないことです。しかも休講日を挟むと2週間に1回しか授業が巡ってこないこともあります。

ベリタスではその欠点を、ネット配信によって解消しました。

電子ホワイトボードを使った3倍濃縮の授業を、毎日1コマだけ受けたとしても、予備校の黒板授業を週1回だけ受けるときの効果と比べて21倍の効果が見込めます。

さらに夏期講習や冬期講習など時間的に余裕がある期間であれば、1日に3コマ、4コマと受講可能ですから,やる気次第では1年分を1ヶ月で済ませ、遅れを一気に取り戻すこともできるのです。

ベリタスはできるだけ集中して受講することが短期間で大幅に成績を伸ばすコツです。短期間で成績が伸びれば、ますます学習意欲も沸き、さらに頑張って受講して成績が伸びるというように、好循環に入っていくことができます。

24時間見放題なのが、ベリタスのウリではあるのですが、見れば見るほど授業料も比例して高くなる料金システムでは、経済的理由で「もっと受けたいけど受けられない」という事態が生じてしまいます。

これでは生徒さんのやる気にトコトン応えているとは言い切れません。

ベリタスではそれとは全く逆の路線を取り、携帯電話のパケ放題と同じ「月額定額制」を採用いたしました。「見放題」と「月額定額制」が揃うことにより、見れば見るほど1コマあたりの授業料が安くなるため親孝行ができると同時に成績も上がるという見事なハーモニーを生み出すことができるのです。

ベリタスの映像は全て、iPhone・iPad・iPad mini・Android携帯・Androidタブレットで視聴可能です。これにより、今までは塾や家でしか見れなかったものが、通学時間や学校の休み時間に見ることができたり、カフェやお風呂などいつでもどこでも視聴できるようになりました。またiPod touchでもWi-Fi環境下であれば視聴できます。

ベリタスでは、英単語帳の覚えにくさを動画で解消した「GENIUS動画英単語2200」(GENIUS英和辞典で有名な大修館書店とのコラボ作品)や、英文法問題集3冊分の2700問に全て動画解説を付けた「動画英文法2700」、そしてセンターの文法問題に1問ごとに動画解説をつけた「センター英語・第2問満点」iPhone・iPadアプリをAppStoreで別途販売しています。1問毎に動画を作成することによって、誰でも間違った問題だけ動画を見られるようにすることで、究極の効率化が実現しました。

モバスクの理念!英才個別学院の「5K」

いつでも・どこでも学べる 学習の新スタイル「モバスク」
高1・高2編 多忙な部活動とも両立可能!モバスクの強み

部活動やアルバイトなど、高校生の生活スケジュールは
とても多忙。予備校や集団指導では時間が決まっていて
両立は難しいが、「モバスク」ならそんな悩みも即解消!

モバスクはいつでもどこでも24時間、時間も場所も選ばず
受講可能なモバイル出来る予備校です。

苦手な科目は個別指導で細かく質問。スキマ時間では、
「モバスク」で何度も確認、理解の定着を図ります。

あなたのスマホ・タブレットが今すぐ予備校になる!

高3編 予備校とモバスクの比較。圧倒的、指導時間・学習量の差でモバスクの勝利!

大手予備校での1週間スケジュール

1週間の中での指導時間はおよそ4時間強。
その他は、予備校の自習室や学校・自宅で参考書をもとに
学習するライフスタイル。
受験生にとって最も大事な指導時間の確保が取れていない
現状が難点。

モバスクでの1週間スケジュール

1週間の中での指導時間は個別で4時間半+モバスクで
34時間。合計38時間以上の指導時間・学習量を1週間に確保できることが最大のメリット。
さらに移動時間などのスキマ時間にも、アプリ等を活用して暗記から定着を図れるのも利点。

学んだ分だけお得になる!安心の定額制
英語と国語(現代文・古文)の2教科3科目での受講の場合
英語文法基礎講座 現代文基礎講座 古文基礎講座
大手予備校 ¥75,600 ¥75,600 ¥75,600 ¥226,800
(※全20講座) (※全20講座) (※全20講座) (※5ヶ月分お講座費用)
英語文法基礎講座 現代文基礎講座 古文基礎講座
モバスク ¥12,960 ¥11,880 ¥24,840
(※モバスクは科目数ではなく教科数で
受講料が変わります)
(※2教科目からは1,080円(税込)
毎割引致します)
(※1ヶ月分の受講費用)

【モバスク受講料】
大手予備校では講座ごとの受講料となりますが、
モバスクでは、講座課金や科目課金ではなく、教科ごとの課金となります。

<例>大手予備校では以下の講座を受講する場合、4講座の受講費用がかかりますが、
モバスクでは、英語・国語の2教科の受講となり受講費用は1ヶ月24,840円となります。

【英語】英文法の神 【国語】現代文講義①
【英語】センター英語 【国語】古文基礎講義①

1教科 2教科 3教科 4教科 5教科
¥12,960 ¥24,840 ¥35,640 ¥45,360 ¥55,080

※1教科増えるごとに1,080円(税込)割引させていただきます。

よくある質問集
Q1:映像で成績向上がはかれるの?
A1:講義形式の授業をさらに効率化したため、同じ時間予備校で講座を受けるよりも、3倍以上の講義内容が身につくようになっています。また、3倍以上の速さで習得することが可能です。
Q2:他の映像授業と何が違うの?
A2:他の予備校映像授業は、通常の講義を録画したものです。
つまり、講師は板書し、その様子を閲覧者は「待って」いなければなりません。
モバスクはその「待ち」の時間を電子黒板にて効率化をはかり、他の映像授業にはないものを完成させました。
Q3:通常の予備校講座と何が違うの?
A3:通常の予備校の講座は1授業90分ですが、扱う内容によっては90分以上必要な単元や、もう少しコンパクトに
まとめられる単元もあったりします。
時間割形成上、90分という枠の中に無理やり収めるのが、現状の講義なのです。
モバスクでは、これら予備校の常識である90分という枠にとらわれることなく、講師が説明しているので、
無駄な時間があったり、説明不足になることはありません。
Q4:費用面はどうなってますか?
A4:通常他の予備校の講義・映像授業は「受講する講座毎」に授業料がかかります。
たとえば、センター対策英語、私大2次長文対策と受講をすると、3講座文の費用はかかります。
一般的に、予備校の1講座は70,000円前後の価格設定が多いですが、上記例ですと20万円前後の費用がかかります。
ベリタスでは、科目毎の請求なっており、1ヶ月1科目12,000円の定額制になっています。
たとえ3ヶ月かけて閲覧したとしても、上記予備校映像授業の2割~3割程度の料金で学ぶことができます。
Q5:どこで閲覧ができますか?
A5:スマートフォン・タブレットがあればどこでも閲覧が可能です。
所持していない生徒は、教室内にてタブレットの貸し出しをしています。
また、教室内はWi-Fi環境も整っていますので、速度制限を気にすることなく閲覧が可能です。
Q6:どんな人が教えているの?
A6:ベリタスアカデミーと英才個別学院とのコラボから生まれたモバスクでは、現在も多数出講中の現役予備校講師、
元大手予備校の人気講師による講義・授業を配信させていただいております。
Q7:iPadなどのタブレットを持っていないと、家で映像は見ることができないのですか?
A7:iPad以外でもiPhoneなどのスマートフォンやパソコンなど、インターネットに接続できる環境があれば視聴可能です。教室でもWi-Fiの設備環境を整えております。自習時等にも活用いただけます。
Q8:映像用の教材は何ですか?料金はいくらですか?
A8:映像用の補助教材をご購入していただいております。
教材のページ数によって価格は異なりますが、1冊1,000円前後でご購入いただけます。
Q9:モバスクのみ受講して、個別の授業を取らないことは可能ですか?
A9:原則としてモバスクのみの受講は行っておりません。
モバスクは「個別指導」のフォローがあってこそ効果を発揮するものです。
Q10:英才の自習スペースでモバスクを視聴することはできますか?
A10:英才内では、iPadとWi-Fiの設備が整っております。
iPadは他の高校生の使用状況により、ご自身のスマートフォンからの閲覧をお願いすることもございます。

英才個別学院の個別指導を体験してみよう!! やる気になる体験授業実施中!!

STEP01お電話にてお問い合わせ STEP02生徒カウンセリング STEP03「やる気」になる授業 STEP04保護者へフィードバック

無料体験授業の詳細はこちら

本部への資料請求はこちら