2021千葉県高校受験考察

最短1分!お気軽に
お問い合わせください

南行徳校ブログMINAMIGYOTOKU BLOG

トップ
教室のご案内
市川市の教室一覧
南行徳校
南行徳校ブログ
2021千葉県高校受験考察

2021.02.26 | 受験

2021千葉県高校受験考察

2021千葉県高校受験考察
今年の受験は、仕組みも内容も変化が多くありました。
来年も指導要領改訂から中学の内容も大きく変わっていきますね。

共通テストもそうでしたが、このような変化の年は情報戦だということも感じました。

国語
記述問題が書きにくい上に、難度の高い選択問題や抜き出し問題があるため、平均点は難度の高かった前年同様となるものと思われます。

数学
作図、図形の証明(穴埋め+記述)、確率、関数は変わりなし。また、ここ数年は資料の活用が頻繁に出題されていて、今年も出題されました。全体的には、簡単な問題と難しい問題の判別がつきやすかったので、簡単な問題を素早く確実に得点し、難しい問題でじっくり時間が使えたかどうかがポイントになると思われます。

英語
英語は試験時間が50分⇒60分に変わりましたが、大問数、小問数は変わらず、長文の分量も例年と大きく変わりません。全体的に平易な問題が多かった上に試験時間も10分長くなっているため、昨年度と比べ平均点は上がると感じます。

理科
物理・化学・生物・地学の各分野からそれぞれ2題ずつ。多くの情報を正確に整理しなければならない難度の高い問題や思考力を問われる問題も出題されていますが、昨年度と比べ、取り組みやすい問題が増えたため、全体的な難易度は下がりました。

社会
全体としては、地理、歴史、公民のあらゆる単元からまんべんなく出題されており、教科書に書かれている基本的なことがらを、きちんと学んできたかが問われる内容でした。難易度は昨年度よりも下がったと思われます。今年は明智光秀。来年は渋沢栄一?

今年が基準となり、千葉県の公立入試が今後実施されていきます。
傾向と対策を行いながら、合わせてコロナ過という中で
英才個別学院では、サポートをさせていただきます。

来年2022年、2021年度の入試はもう始まっています。
万全の準備をしていきましょう。

おすすめ記事

おすすめ記事はまだありません

OTHER他の記事

無料体験・個別学習相談会
資料請求