【理屈で覚える歴史③】大化の改新① 蘇我さんはどうして倒された?

最短1分!お気軽に
お問い合わせください

永福校ブログEIFUKU BLOG

トップ
教室のご案内
杉並区の教室一覧
永福校
永福校ブログ
【理屈で覚える歴史③】大化の改新① 蘇我さんはどうして倒された?

2022.01.29 | 学習アドバイス

【理屈で覚える歴史③】大化の改新① 蘇我さんはどうして倒された?

【理屈で覚える歴史③】大化の改新① 蘇我さんはどうして倒された?
【理屈で覚える歴史③】大化の改新① 蘇我さんはどうして倒された?


618年、お隣の中国では隋が滅び、唐が出現します。
唐は律令による強力な中央集権国家(前回を参照)を形成し、東アジアに圧力をかけていました。


そのころ日本は、聖徳太子亡きあと蘇我氏が勢力を伸ばし、豪族が力を持つ世界に戻りつつありました。
強力な律令国家である唐の脅威に備えるため、日本も天皇中心の律令体制を取り戻す必要性を感じた中大兄皇子(後の天智天皇)は中臣鎌足らと協力し、蘇我氏を打倒します。
これが645年の「乙巳の変」です。


ここから始まる一連の政治改革を「大化の改新」と呼び、古代日本の律令体制への道がスタートします。


OTHER他の記事

無料体験・個別学習相談会
資料請求