【新高校1年生の皆さんへ⑤】模試を受けよう

最短1分!お気軽に
お問い合わせください

永福校ブログEIFUKU BLOG

トップ
教室のご案内
杉並区の教室一覧
永福校
永福校ブログ
【新高校1年生の皆さんへ⑤】模試を受けよう

2022.04.06 | 学習アドバイス

【新高校1年生の皆さんへ⑤】模試を受けよう

【新高校1年生の皆さんへ⑤】模試を受けよう
【新高校1年生の皆さんへ⑤】模試を受けよう


大学進学を意識している方は定期的に模試を受けましょう。


高校入試と大学入試の大きな違いは受験生の母数です。
高校入試は限られた地域での受験ですが、大学受験は全国の同年代との戦いとなります。


都立高校に合格した皆さん、中高一貫校の生徒さんは1年以上前倒しで勉強をしています。
また浪人生は皆さんより1年多く勉強をしています。
皆さんは3年後、そんな彼ら、彼女らと同じ土俵で勝負することになるのです。


そう考えたときに注意したいのが自分の「立ち位置」。
中学生の時のように学校での順位で一喜一憂しないようにしましょう。
学校での順位が高いのは「当たり前」で、全国的に見てどの位置にいるのか、といったことのほうに意識を向けたほうがよいでしょう。


例えば英語の教科書は、中学校はだいたい同じレベルで6種類くらいあります。
しかし高校の「教科書」といわれるものは30種類ほどになり、それぞれにレベルがあります。
学校によって使っている教科書が異なるのです。
つまり、学校のテストでいい点を取れたとしても、学校が簡単なレベルの教科書を採用していたら入試レベルの実力が付いていると言えるでしょうか?


色々な角度から自分の立ち位置を知る必要がありますので、1年生のうちからぜひ模試を受けてください。
もちろん模試の結果で一喜一憂するのではなく、冷静に自分の立ち位置を把握し、学習が足りないところの把握に使ってください。
「解き直し」が重要なのは高校受験の模試と変わりませんよ!




<永福町の個別学院、英才個別学院 永福校のHPはこちら


【通塾している生徒さんの学校】

永福小学校、和泉小学校、大宮小学校、松ノ木小学校


向陽中学校、和泉中学校、大宮中学校、松ノ木中学校、聖心女子中学校、ドルトン東京学園中学校、日本大学第二中学校、佼成学園女子中学校、十文字中学校、女子美術大学附属中学校、桐朋女子中学校、国学院久我山中学校


明星学園高等学校、専修大付属高等学校、中央大学杉並高等学校、日本大学櫻丘高等学校、杉並総合高等学校、桐朋女子高等学校、暁星高等学校、佼成学園高等学校、神代高等学校、豊多摩高等学校、千歳丘高等学校、関東国際高等学校、駒場学園高等学校、明大中野八王子高等学校、明大明治高等学校、大成高等学校、日本大学鶴ケ丘高等学校、国学院久我山高等学校、杉並高等学校、武蔵野千代田高等学校、小金井北高等学校、世田谷総合高等学校、府中東高等学校、調布南高等学校、杉並学院高等学校

OTHER他の記事

無料体験・個別学習相談会
資料請求